本日 39 人 - 昨日 138 人 - 累計 241720 人
RSS
11月8日(金)紀尾井小ホールにて「照喜名朝國独奏会~沖縄の心を歌う~」が開催されほぼ満席となる多くのお客様にご来場いただき無事終了いたしました。ご来場の皆様そしてご支援ご協力をいただいた皆様誠にありがとうございました。今回は文化庁芸術祭参加公演でもあり、出演者及び公演を支えるスタッフともこれまで以上に入念な準備を行いました。仲風節、十七八節をはじめ琉球古典音楽・歌三線の名曲の数々や琉球舞踊「花風」、組踊「執心鐘入」ハイライト、毛遊び演目と、2時間にわたる公演の全演目に照喜名朝國師匠が出演し、思いのたけを歌い上げました。ご来場の多くの皆様にご満足いただけたのではないかと思います。会場案内その他至らない点は何卒ご容赦いただき今後の活動にまたご期待いただければと思います。年の瀬を迎え、寒さも厳しさを増すなか皆様ご自愛下さいますようお願い申し上げます。
追伸:独奏会当日に皆様からお預かりした首里城再建に向けたご寄附(150,572円)については、11月26日に沖縄県に寄付いたしました。あらためて皆様のご協力に感謝いたします。


10月26日毎年恒例の港区芝浦港南区民センターふれあい祭りに今年も参加。教室メンバーのほか、舞踊、太鼓、箏の皆様にも賛助出演いただき楽しく立派なステージとなりました。誠にありがとうございました。
また、11月7日(木)には照喜名朝一師匠が新設された豊島区立芸術文化劇場(Brillia HALL)のこけら落し公演に出演し、仲風節を独唱します!
さらに翌11月8日(金)には、紀尾井小ホールにて「照喜名朝國独奏会~沖縄の心を歌う~」が開催されます。仲風節、十七八節をはじめ琉球古典音楽の名曲の数々を是非お楽しみください。皆様のご来場をお待ちしております!(詳細はHP掲示板をご覧下さい)